緊急避妊・アフターピル

緊急避妊・アフターピル

妊娠の危険性がある場合の対処法

望まぬ妊娠を防ぐには、コンドームやピルなどを用いて正しい避妊をすることが不可欠です。しかし、どんなに普段から注意深く避妊をしていたとしても、「コンドームが破れた」「ピルを飲み忘れた」「酔った勢いで避妊せずに性行為をしてしまった」などの事態は付き物です。
また、不幸にも性被害に遭ったことで妊娠の危険性がある方もいるでしょう。

そうした場合は、緊急避妊効果のあるアフターピルを利用しましょう。アフターピルは排卵や着床を阻害する作用を持ち、24時間以内に服用すれば99%の確率で妊娠を予防できます。
望まぬ妊娠の可能性を大幅に軽減することができるので、まずは慌てず落ち着いて行動しましょう。

緊急避妊・アフターピルとは

アフターピルとは排卵を遅らせたり、子宮内膜を変化させたりして受精や着床を防ぐ作用を持つ薬のことです。性行為後、子宮や卵管内に精子が侵入した場合でも避妊効果を発揮することから“アフターピル”と呼ばれています。
日本で使用されているアフターピルには、「ノルレボ」と「ヤッぺ法」の2種類があります。

ノルレボ

黄体ホルモンが主成分であり、排卵を強く抑制し、受精や着床を予防する効果もあるとされています。性行為後の72時間以内に服用する必要があり、避妊失敗が発覚後の早い段階で服用するほど避妊効果も高くなります。
ただ、保険適用とはならないため、8,000~10,000円ほどの自己負担が必要です。

ヤッペ法

中用量ピルを性行為から72時間以内に2錠服用後、12時間経過後に更に2錠追加して服用することで排卵を抑制し、子宮内膜の状態を変化させる方法です。ノルレボが承認される前は日本でも広く行われてきた高用量のホルモン剤を用いた緊急避妊法ですが、副作用も多いため現在ではほとんど行われていません。
いずれも市販されていない薬なので、避妊に失敗した場合はできるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

緊急避妊に関するクリニックの考え

緊急避妊に対する当クリニックの考え

ノルレボはヤッぺ法に比べて副作用が少ないとはいえ、服用後に不正出血や吐き気などの症状が現れることもあります。また、服用後の生理は予定通りの場合もありますが、遅れを生じるケースも少なくありません。

アフターピルは高い避妊効果を持ちますが、100%の確率で避妊できるものではありません。生理が遅れた場合は、万が一の妊娠のことを考えて検査をしましょう。

また、アフターピルはあくまでも緊急避妊のときのみに使用するものです。長期的な避妊を考えている場合には低用量ピルを利用してください。そして、避妊の失敗が起こりうる性行為では妊娠の危険だけでなく、性感染症などの危険もはらみます。該当する性行為後におりものの変化や陰部のかゆみが現れた方、性被害に遭われた方は同時に性病検査を受けることをおすすめします。

web予約