婦人科手術・流産手術

婦人科手術・流産手術

母体保護法指定医が女性疾患にお悩みの方に寄り添います

天神駅前婦人科クリニックは、母体保護法指定医による中絶手術はもちろんのこと、女性疾患にまつわる手術にも対応しています。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など、女性ならではの疾患やお悩みはさまざまです。デリケートな問題であるからこそ、手術の不安などについて誰にも相談できない方もいるでしょう。「産婦人科やレディースクリニックは敷居が高い」と感じて受診をためらっている方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。当クリニックでは母体保護法指定医が患者様のお悩みにしっかり向き合い、安心・安全な手術を行います。

婦人科手術の種類とは

子宮筋腫や子宮内膜症など、手術が必要なこともある女性ならではの疾患です。当クリニックでは、子宮や卵巣などを可能な限り傷つけず、細心の注意を払いながら手術を行います。以下では、当クリニックが対応している女性疾患の手術について紹介します。

子宮内膜症

子宮内面にある内膜が子宮に生じる病気です。引き起こされる症状は、出血や腰痛、排便痛、月経痛などです。腹腔鏡などを用い、子宮内を調べて診断します。開腹手術や腹腔鏡を使った手術で病巣を取り除きます。

子宮筋腫

子宮の筋肉に生じる良性のこぶのことです。おもな症状には、月経痛が強い、月経の量が多い、下腹部膨満感がある、腰痛を伴う、といったことが挙げられます。しかし、症状が現れない場合もあるので、定期的な婦人科検診が必要な疾患とも言えるでしょう。「子宮筋核出術」という手術で筋腫のみを取り除きます。

卵巣のう腫

卵巣に腫瘍(通常は良性腫瘍)ができる病気です。腫瘍が大きくなると、下腹部膨満感や腰痛などが引き起こされ、治療が必要になります。開腹手術、もしくは腹腔鏡を用いた手術で、のう腫部分のみを切除します。

流産手術について知ろう

「流産」と診断された場合、妊娠できる状態を取り戻したり、出血や腹痛のリスクを軽減したりするためにも手術を行うケースがあります。

妊娠11週までの方に受けていただくのは、「子宮内容除去術」という手術です。手術時には、眠った状態ではあるものの、自分で呼吸ができる静脈麻酔を使用します。器械を使って子宮頚管を広げた後、胎児や胎盤、子宮内膜などを取り除くことで子宮の機能をリセットして妊娠できる状態に戻します。子宮内容除去術は、日帰りで受けていただくことも可能です。

妊娠12~22週の後期流産の場合は、子宮収縮剤を使用して胎児と胎盤を排出します。つまり、12週目以降は通常の出産と同様の方法を採用するケースもあります。

web予約