老化特有の現象

老化特有の現象

更年期(閉経前後)の身体の変化にお悩みの女性へ

女性は妊娠するために子どもを身籠る身体づくりを始める「初経」があるように、子どもを産む機能を徐々に閉ざす「閉経」の時期が訪れます。そうした、身体の大きな変化を迎える時期は、体調を崩しやすい傾向にあります。それが「更年期」と呼ばれる時期です。

更年期は、閉経前後の約10年間の時期を指します。閉経のタイミングを50歳過ぎに迎える方が大半なので、45〜55歳くらいの時期が一般的な更年期に該当します。更年期で厄介なのは、身体の大きな変化による体調の乱れ「更年期障害」です。当クリニックでは更年期障害を筆頭に、女性の身体の変化によって起きやすい尿もれ、膣の乾きなどのトラブルにも対応しています。身体の不調を一人でお悩みの方は、一度当クリニックまでご相談ください。

更年期の方が体調を崩しやすい理由

更年期に多くの女性の身体に不調が起きる要因としては、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の急激な減少が挙げられます。年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下してエストロゲンが分泌されにくくなり、ホルモンのバランスが崩れることで心身に大きな影響を与えることがあります。
また、更年期の症状はエストロゲンの減少以外にも、仕事や家庭環境のストレスなども複雑に関わってきます。そのため、身体の異変を感じた際は決して無理をすることなく、まずは医療機関に相談してみることをおすすめします。

更年期に起こりやすい身体の不調

更年期に差し掛かった年齢で、頭痛、首や肩のこり、のぼせ・火照り・発汗、イライラ、動悸・息切れ、倦怠感などの症状が見られる場合は、一度診断を受けるようにしましょう。
更年期障害は誰にでも起こり得る身体の変化なので、決して無理をすることなく、自身の身体の状況を知ることが大切です。

精神神経系

頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、うつ症状、判断力・集中力の低下、倦怠感

血管運動神経系

のぼせ、火照り、発汗、冷え、動悸、息切れ

皮膚・分泌系

皮膚や粘膜の乾燥、ドライマウス、ドライアイ

消化器官系

食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感

運動器官系

首や肩のこり、腰痛、関節痛

泌尿器・生殖器系

月経異常、頻尿、残尿感、尿失禁、性器下垂感、外陰掻痒症

老化によりとくに泌尿器・生殖器に異変が起きやすいワケ

更年期の身体の不調の中でも、とくに泌尿器・生殖器系のトラブルが多い傾向にあります。尿もれや膣の乾きなどの症状は、女性ホルモンの分泌減少のほかにも、「骨盤底筋」の衰えが考えられます。骨盤底筋とは子宮や膀胱、直腸を支えるインナーマッスルの集合体です。この筋肉の機能が落ちることで、「尿漏れ」「子宮下垂」「子宮脱(子宮が体外に出てしまう症状)」などの症状が起こることがあります。


デリケートゾーンのお悩みこそ専門家にご相談を

老化により泌尿器・生殖器などに衰えが見られると、尿もれ、膣の乾きなどのトラブルが発生することが考えられます。これらの症状は、なかなか人に相談しにくいことではありますが、決して恥ずかしがる必要はありません。加齢によって女性の身体に起こり得る必要な変化なので、その点をご理解いただいたうえで診察を受けることをおすすめします。

当クリニックは問診や各種相談を個室で行っているので、ほかの患者様に診察内容が知られる心配はありません。人には言えないデリケートゾーンのお悩みだからこそ、当クリニックにご相談ください。いくつになっても頼れる「心と身体のよりどころ」となるような女性専門外来を目指しています。

web予約