妊娠したかもと思ったら

妊娠したかもと思ったら

妊娠の可能性がある場合は当クリニックにご相談ください

「生理が遅れている」「何となく体調が悪い」。そんな症状は妊娠のサインかもしれません。待ち望んだ妊娠への期待に胸を躍らせる方もいれば、望まない妊娠の可能性に戸惑い、悩んでいる方もいるでしょう。いずれにせよ、妊娠が疑われる症状がある場合は、できるだけ早く産婦人科の診察を受けましょう。
正常な妊娠と思っていても、子宮外妊娠の場合もあります。また、望まない妊娠の場合にはできるだけ早い対処を講じることで、身体への負担は少なくなります。
こちらでは、「妊娠したかも?と」思ったときにすべきことついてくわしく解説します。

まずは妊娠判断セルフチェック

セルフチェック

  • 予定日を1週間以上過ぎても生理が来ない
  • 身体が熱っぽい(37.0度台の微熱が続く)
  • 身体がだるく、強い眠気がある
  • めまいや立ちくらみが起こりやすい
  • 胸が張る、痛む
  • イライラしやすく、怒りっぽくなる
  • むくみが気になる
  • 胃もたれやムカつきがある
  • 特定の食べ物ばかりを食べたくなる
  • 食べ物のニオイで吐き気が生じる
  • おりものの量が増えた
  • トイレが近くなった

※上記の症状に複数該当している方は妊娠の可能性があります。

web予約

妊娠確認時の注意点

妊娠初期に現れる症状には個人差があります。日常生活に支障を来たすほど強い症状が現れる方もいれば、まったく症状がないという方もいます。後者の場合、元から生理不順の傾向があるのであればなおさら妊娠に気づくのが遅れてしまうことにもつながりかねません。

しかし、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠はできるだけ早く治療を行う必要があり、治療の遅れが命の危険に関わることもあります。妊娠に気づくきっかけとして上記でチェックした症状を意識することも大切ですが、妊娠の可能性を伴う性交渉を持つ方は、基礎体温を記録し、低温期・高温期の状態をチェックする習慣を身に付けましょう。高温期が3週間以上続いているときは、妊娠している可能性があるので、妊娠初期に特有の症状がない場合でも産婦人科を受診することをおすすめします。

検査のリスク

検査のリスク

妊娠の疑いがある際は、真っ先に産婦人科を受診せずに市販の妊娠検査薬を試す方が多いのではないでしょうか。現在、市販されている妊娠検査薬は病院で使用するものと同等の精度があるので、使用するうえではまったく問題ありません。

しかし、市販の検査薬を使用する際には使用時期に注意しましょう。一般的な検査薬は生理予定日一週間後から使用できます(早期妊娠検査薬は生理予定日から使用できますが、販売している薬局やドラッグストアは限られています)。

中には妊娠しているか否かが気になるあまり、規定された日より前に使用する「フライング検査」をする人もいます。「フライング検査」では正確な判定ができないこともあるので、本来は遅れた生理と考えられていた化学流産の可能性を知って悲しい思いをするケースもあるので注意しましょう。

妊娠発覚時にすべきこと

妊娠検査薬は、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠にも反応します。そのため、妊娠検査薬が陽性になったら、まずは産婦人科を受診して正常妊娠であることを確認しましょう。その後は、パートナーとよく相談して今後の方針をできるだけ早く決めることが大切です。

出産をご希望される場合は、当クリニックでは分娩は扱っておりませんので、妊娠10週前後に他院へ紹介します。医療機関によっては早めに分娩予約が必要な場合もありますので、分娩を希望する医療機関が決まりましたら、できるだけ早くお知らせください。

また、出産をご希望されない場合は中絶手術が必要になります。中絶手術は母体保護法により、妊娠22週未満で実施可能とされていますが、女性の身体への負担を軽減するには妊娠7~9週頃の実施が望ましいと考えられます。パートナーと話し合いを重ねて、中絶することを決意なさった方は早めにご相談ください。

関連ぺージ

出産までの流れ

出産までの流れ

妊娠すると、女性のからだは赤ちゃんの成長や出産に向けて準備をするため、変化していきます。 妊娠週数別に変わっていく赤ちゃんとお母さんのからだについて解説します。

福岡で中絶手術をお考えの方へ

中絶手術をお考えの方へ

妊娠したけれど、何らかの事情で産むことができず、つらさや不安を抱えている方を多く診て参りました。おひとりで悩まず、ぜひ当クリニックへご相談ください。

妊娠12週未満の「初期中絶手術」について

妊娠12週未満の方へ

妊娠12週未満は「妊娠初期」に分類されるため、比較的身体への負担が少ない中絶手術を受けることができます。