中絶手術中の痛みの軽減への取り組み

無痛中絶手術のための対策と工夫

「人工妊娠中絶手術は痛いのかな」
このようなご不安を抱えられている方が多いのではないでしょうか。当クリニックでは、このような痛みに対するご不安を取り除くため、無痛中絶手術を行なっております。まずは、無痛中絶手術についてご説明いたします。

負担の少ない「吸引法」を採用

負担の少ない「吸引法」を採用

人工妊娠中絶手術には、ソウハ法と吸引法の2種類があります。ソウハ法は、スプーン状の器具や先の太いピンセットのようなもので、子宮内容物を掻き出す手術です。手術前日には、手術を行いやすくするために子宮口を広げる「術前処置」が必要になります。それに対し吸引法は、吸引管を子宮内に入れ、子宮内容物を吸い取ります。当クリニックの吸引法では前日からの術前処置を行わないため、子宮口を広げるときの痛みが生じることはありません。※ただし、当日の静脈麻酔後に、場合によっては子宮口を広げる処置を行うことはございます。(麻酔後に行うため、痛みはありませんのでご安心ください。)

当クリニックの人工妊娠中絶手術(初期中絶)では、患者様のお身体に負担が少なく、WHOも推奨している吸引法を採用しているため、安心して手術をお受けいただけます。

痛みをほとんど感じない「静脈麻酔」を使用

痛みをほとんど感じない「静脈麻酔」を使用

当クリニックの人工妊娠中絶手術では、静脈麻酔を使用します。静脈麻酔は、眠らせることを主体とした麻酔で、静脈内に麻酔液を注入することから、静脈麻酔と呼ばれています。当クリニックの静脈麻酔では、痛み止めである鎮痛薬も同時に使用するため、痛みを和らげる効果も期待できます。切開を必要とするような痛みの強い手術には不向きですが、人工妊娠中絶手術(吸引法)などに対しては、十分な効果が見込まれます。そのため、痛みがご不安な患者様も、安心して手術をお受けいただけます。

痛みを徹底的に取り除くための工夫

当クリニックでは、無痛中絶手術を行うために、中絶手術に伴う痛みはなるべく取り除きたいと考えております。ご希望の患者様には、静脈麻酔前に麻酔テープを貼ることで、点滴を刺す際の痛みを取り除くことが可能です。痛みに弱い患者様や、痛みがご不安な患者様は、診察の際にお気軽にお申し出ください。

電話予約

\ お電話でのご予約はこちら /

0120-295-929

受付時間 10:00-19:00

24時間WEB予約

\ 24時間365日受付中 /

WEB予約

よくあるご質問

中絶手術中は痛みを感じますか?
A.中絶手術中は、静脈麻酔を使用するため、痛みを感じることはありません。そのため、痛みに弱い患者様も、安心して手術をお受けいただけます。
中絶手術後は痛みがありますか?
A.中絶手術後は、一時的に下腹部痛のような痛みを感じる場合があります。生理痛のような痛みであることが多く、術後の経過とともに落ち着いていくためご安心ください。
中絶手術が痛かったとよく聞きますがなぜですか?
A.中絶手術中は麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどありませんが、ソウハ法で用いられる術前処置は、痛みを伴うというデメリットがあります。術前処置は、スポンジのような素材の細い棒(ダイラパン・ラミナリアなど)を子宮頸管に挿入し、子宮の入り口を広げます。ダイラパンやラミナリアは、水分を吸収することで、自然と子宮の入り口を広げますが、その際に痛みを感じやすいのです。そのため、手術自体ではなく、術前処置で痛みを感じている場合がほとんどです。当クリニックでは、術前処置を行わずに手術ができるため、痛みがご不安な患者様も安心して手術をお受けいただけます。
静脈麻酔の副作用はありますか?
A.静脈麻酔の副作用は「吐き気」や「頭痛」が生じる場合があります。必要に応じて吐き気止め等の内服薬を処方させていただきますので、ご不安な方は診察時にお申し出ください。

中絶手術の関連ぺージ