吸引法とソウハ法の違い

吸引法とソウハ法の違いとは

妊娠12週未満までの初期中絶手術は「吸引法」または「ソウハ法」いずれかの方法で行われます。「吸引法」とは、ストロー状の器具を子宮内に挿入して、子宮内容物を取り出す方法のことで、WHO世界保健機構や世界産婦人科連合でも推奨されています。次に「ソウハ法」とは、中絶手術前に子宮口を開き、スプーン状の器具や鉗子を使用して子宮内容物を掻き出す方法です。吸引法と比べると合併症(子宮内遺残、子宮穿孔、出血)が多く、手術時間が長くなる傾向があります。天神駅前婦人科クリニックでは、手術時間・出血量・安全性の観点から「吸引法」を採用しております。

電話予約

\ お電話でのご予約はこちら /

0120-295-929

受付時間 10:00-19:00

24時間WEB予約

\ 24時間365日受付中 /

WEB予約

吸引法とソウハ法の比較表

吸引法 ソウハ法
術前の頸管拡張 不要 必要
手術方法 ストロー状の器具を使用して、子宮内容物を吸い出す方法 スプーン状の器具や鉗子を使用して子宮内容物を掻き出す方法
手術時間 短い 長い
合併症の頻度
(子宮内遺残、子宮穿孔、出血)
少ない 多い

吸引法

術前の頸管拡張 不要
手術方法 ストロー状の器具を使用して、子宮内容物を吸い出す方法
手術時間 短い
合併症の頻度
(子宮内遺残、子宮穿孔、出血)
少ない

ソウハ法

術前の頸管拡張 必要
手術方法 スプーン状の器具や鉗子を使用して子宮内容物を掻き出す方法
手術時間 長い
合併症の頻度
(子宮内遺残、子宮穿孔、出血)
多い

中絶手術の関連ぺージ