中絶同意書について

中絶手術の同意書とは

人工妊娠中絶手術を希望される際に必要な書類が、中絶手術の「同意書」です。母体保護法という日本の法律には、本人及び配偶者の同意を得て、妊娠中絶手術を行うことができると規定されております。そのため、基本的にはご本人とパートナーの同意書への署名捺印が必要となります。

同意書なしで
中絶手術ができる場合

同意書なしで中絶手術ができる場合

母体保護法に基づく人工妊娠中絶手術に際して、原則的にはご本人と相手の男性の双方の署名・捺印をした同意書が必要となります。また、未成年の方の場合は親権者や保護者の同意・署名が必要な場合があります。ただし、以下のような場合には、ご本人の同意だけで中絶手術を受けられる場合がございます。

・強姦等による妊娠の場合
・相手の方が亡くなっている場合
・パートナーが誰かわからない場合

上記以外にも様々なケースがございますので、ご不明な場合は当クリニックまでご相談ください。

同意書ダウンロード

同意書のよくあるご質問

未成年が中絶手術を受けるために、親の同意は必要ですか?
A.当クリニックでは、原則としてご両親に相談し、手術承諾書に署名・捺印をいただいたうえでの手術をお願いしております。人工妊娠中絶手術は肉体的にも、精神的にも、保護者のサポートは不可欠なものです。お悩みの患者様は、まずは当クリニックまでご相談ください。どのような方法がベストかを、ご一緒に考えていきましょう。
同意書がない場合は手術してもらえませんか?
A.「母体保護法」という法律によって、人工妊娠中絶手術を受ける際にはご本人と配偶者(パートナー)の署名と捺印がある同意書の提出が必要と定められております。ただし、様々なご事情によりお相手の署名捺印が得られない場合は、当クリニックまでご相談ください。

中絶手術の関連ぺージ